お金借りる 即日 銀行

MENU

お金を借りるには、どの業者がいいんでしょうか?

このページでは、お金を借りる方法について色々と紹介していますが、どういう業者を選ぶのが正解なのでしょうか?

 

急いでいる方は、まずはネットから借入可能か診断してみることをおすすめします。

 

カードローン選びの参考として、是非利用してみてください。

 

アコム

アコムの特徴

★最短で30分の審査回答で、最短1時間での融資も可能です。

★土日祝でも審査がオッケーです。

★初めての方に限り、最大で30日間金利が0円です。

★安定した収入があれば、主婦やパート・学生でもOKです。

★派遣社員や自営業・農業の方でもご利用OKです。

★楽天銀行の口座を持っていれば、24時間365日振込OK!です。

★条件が合えば、担保・保証人不要です。

実質年率 3.0%〜18.0%
借入限度額 1万円〜800万円
評価 評価5
アコムの総評

アコムは、老舗の信用とスピード力で、今スグの融資のニーズに応えるカードローンです。はじめての方でも30日間無利息なので安心して借り入れできます。3秒診断での借り入れ診断が便利です。

 

プロミスの特徴

★はじめての方は、初回の利用の翌日から30日間金利ゼロです。契約日からの換算でないので無利息期間が失効することがないのでとてもお得です。
(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)

★最短で1時間での融資もOKです。

★三井住友銀行orジャパンネット銀行の口座をお持ちの場合、土日祝でも24時間最短10秒で振込可能の瞬フリサービスが好評です。
(手数料も無料)

★条件が合えば、50万円まで収入証明不要です。

★紛失の心配のないカードレス※で契約することもできます。
(※プロミスはカードありか、カードなしかを選べます。)

★女性が担当するレディースプロミス窓口も好評です。
(男性の方でもOK)→こちら

実質年率 4.5%〜17.8%
借入限度額 500万円
評価 評価5
プロミスの総評

プロミスは「今すぐ」にこだわった人気のカードローンです。急ぐのであれば午前中に申込むのがベストですが、ネットで申込だけ済まして、最寄りの自動契約機に駆け込めば、当日中にすぐに借りる事も出来ます。緊急時の対応もスピーディーだから頼りになります。

 

借りる方法や必要な条件を紹介します!

 

お金借りるなら銀行で、と思いますよね。安心感は絶大なものがあります。
低金利でもあり、お金借りるなら銀行と考えるのも無理はありません。

 

銀行は敷居が高いと感じる方も多いですが、近年ではカードローンと呼ばれる個人向け無担保ローンに力を入れており、昔よりも利用し易くなってきました。

 

また、銀行には総量規制が適用されません。これにより年収の三分の一を超えてお金借りる事が出来るのです。

 

このことと、金利が低い事とを考えると、銀行は比較的高額な融資に向いているといえます。

 

しかし、低額の借入であればそこまで金利を重要視する必要はないので、無利息期間がある消費者金融から借入したほうが得する場合もあります。

 

このサイトでは、お金借りる時の参考になるように、好条件で借りる方法、契約する為に必要なものなどを掲載しています。

 

参考にしていただき、無事に借りられるよう願っています。

 

お金借りるのは銀行系カードローンがおすすめ!

昔から、お金借りる先としては銀行や信用金庫が良いといわれていましたが、必ずしもそうではなくなっています。

 

貸金業法が改正されたことで、消費者金融の金利は昔と比べるとかなり下がってきていますし、消費者金融のイメージも良くなってきています。お金借りるなら銀行しか選択肢がないという時代は終わりました。

 

銀行や信用金庫からお金借りることのメリットは、低い金利で借りられるという事にあります。

 

しかし、逆にいえば金利をあまり気にするような状況でないなら、銀行だけでなく信販会社や消費者金融のローンでも良いという事になります。

 

例えば、1万円だけを借りて翌月にすぐに返済してしまうのなら、消費者金融で手軽にお金を借りてしまっても問題ないです。

 

また、クレジットカードを持っているならキャッシング枠を利用してお金借りれば、新しいカードに申し込む必要もありません。

 

100万円を借りたいといったケースでは、手間と時間をかけてでも低金利な銀行を探したほうが良いです。高額なお金を借りる場合には金利が重要です。

お金借りる方法は銀行ごとにちがうのでしょうか?

銀行でお金借りる方法には若干の違いがあります。以前なら横並び方式でどこを利用しても同じでしたが、最近では随分変りました。

 

例えば、カードローンを利用してお金借りる場合には、銀行によって方法が異なります。これは一つには、貸金業法の改正以降、経営難に陥った消費者金融を銀行が買収したことに起因しています。

 

つまり、多くの銀行が買収した消費者金融会社のシステムや審査のノウハウを導入したため違いが出るようになったのです。

 

また、インターネットの普及によるネット専業銀行の誕生で、お金借りる方法がWEB中心になったことも影響しています。

 

基本的には、WEB申し込み、電話や郵送物による申込みなどが多く用いられていますが、中には消費者金融と同様に自動契約機を設置しているところもあります。

 

設置場所は、大半が本支店内のATMコーナーに設置されているので大変便利に、かつ利用しやすくなっています。

 

この自動契約機を利用すれば、即日に銀行からお金借りる事も可能です。

お金借りるのに銀行から借りるときの条件は何ですか?

銀行は、消費者金融よりもお金借りるための条件が厳しいといわれています。これは本当なのでしょうか。

 

銀行からお金借りる条件としては、年齢が20才から69才までで、安定した収入がある方となっている銀行がほとんどです。

 

審査の為に提出する書類は、銀行も消費者金融もぼぼ同じですし、年齢や収入などの申し込み基準についてもほとんど変わりません。

 

そればかりか、銀行のほうがお金借りる為の条件が低い事もあります。それは総量規制と呼ばれる法律によるものです。

 

この法律が適用される消費者金融では、お金借りる本人の年収の三分の一までしか融資出来ないのです。一方で銀行の場合は銀行法という法律が適用されるので、年収の制限なくお金借りることが出来ます。

 

大多数の消費者金融のカードローンが融資限度額を500万円に設定していますが、これを借りるには1500万円以上という非現実的な年収が必要になります。

 

このことからも、銀行のほうが条件が厳しいと一概にいう事はできません。

お金借りるとき即日で借りれる銀行はあるのでしょうか?

銀行から即日でお金借りるためには、新規の申し込みが必要です。申し込みには本人確認書類と収入証明書類が必要となります。

 

どちらも用意したら、次に申し込みを行っていく事になりますが、銀行カードローンに申し込む方法は複数あります。

 

一般的な電話での申し込みの他に、スマートフォン向けのアプリからの申し込み、それからウェブ上のフォームからの申し込みなどがあります。

 

それが完了したら次に審査を受けることになり、信用情報の確認や在籍確認をしていきます。何事もなく通過できれば、即日で利用可能です。最短1時間程度で銀行からお金借りることができます。

 

即日だからといって借りられるお金に大差はありません。普通の申し込みと同じようにお金借りることが出来るので安心して下さい。

 

もちろんお金を借りたら返済が必要になるので忘れないようにしましょう。

 

返済期限を遅らせてしまうと大変な事になるので、期限を守ってお金を返していきましょう。

銀行でお金借りるときに必要なものはなんでしょうか?

銀行カードローンでお金借りるためには、必要なものが2つあります。

 

1つ目は身分証明書類で、2つ目は収入証明書類になります。1つ目の身分証明書類は、運転免許証もしくは健康保険証などを使うことができます。

 

あまり知られていないことですが、住基カードと公共料金請求書のセットで使える場合があります。2つ目の収入証明書類は源泉徴収票や住民税決定通知書などを使うことが出来ます。

 

収入証明書類については、多くの銀行でお金借りる限度額が100万円を超えない限り必要ありません。なかには300万円まで必要ないといった銀行もあります。

 

しかし、100万円以下であっても審査によっては提出を求められる事もあります。何らかの原因で、申し込み情報に疑念を持たれると必要となるのです。

 

必要なものを用意した後は、銀行の審査を受けることになります。銀行から特定の企業に問い合わせをして、お金借りるに相応しい人であるのかを確認していきます。

 

それに通過することが出来れば、銀行が定めた限度額までお金借りることが可能となります。

お金借りるとき銀行の金利はいくらくらいなのでしょうか?

お金借りる際に最も気になる事の一つが「金利」ですね。銀行カードローンは一般的な消費者金融よりも低めに設定されています。

 

金利の値自体はその銀行により変動しますが、無担保カードローンであれば下限金利が3〜4%、上限金利が14〜15%程度に設定されていることが多いです。

 

消費者金融では上限金利が18%程度のところが多く、数十万以上お金借りるならば、わずかな金利の差が大きな利息の差となるので、銀行カードローンの利用がお得です。

 

逆に10万円程度お金借りるのであれば、3%程度の差では利息の支払いに大きな差は出ません。

 

それならば、土日でも即日お金借りることが出来たり、自動契約機の数も多い消費者金融もお勧めできます。

 

さらに大手消費者金融の中には「無利息期間」というものを設けている事があり、その期間内であれば利息が無料になるというサービスを行っている所もあります。

 

期間内に返済が可能であればそちらも魅力的ですが、やはり金利が低いのは銀行なので、お金借りる金額が高いなら銀行、低いなら消費者金融という使い分けができますね。

銀行の審査はどのようなものがあるのでしょうか?

銀行にカードローンなどの申し込みを行うと、自動的に審査を受ける事になりますが、その審査に通ればお金借りることができます。

 

その審査とは、申し込んだ人に返済能力があるのかどうか、信用できる人なのかどうかを調べるために行うものです。

 

具体的に何を調べるのかというと、その人の属性です。属性とは、年齢や年収、勤務先の企業規模、勤続年数、自宅は賃貸か持ち家か、借金の有無、借金があるなら件数や金額、金融事故の経験者かどうか、その他、経済力や信用力に関係する個人情報のことです。

 

銀行はそれらを調べることで審査を行い、その人がお金借りると期日までに元金と利息を間違いなく返済してくれる人かどうかを判断するのです。

 

ですから銀行からお金借りる時は、年収の低い人よりも高い人のほうがより高い限度額で契約することが出来ます。

 

また、安定した収入の有無を重要視するので、同じ規模の会社であっても一年間だけ勤務している人よりは、十年以上にわたって長く勤務している人のほうが、より多くお金借りる事が可能になります。

お金借りるとき学生でも借入可能でしょうか?

学生が銀行のローンサービスを利用してお金借りることは可能ですか?という質問をよく見かけますが、その答えは「お金借りることが出来る場合もある」です。

 

銀行には教育ローンと呼ばれる商品があります。これは入学金や授業料などに使える目的ローンとなります。その上、お金借りる事が出来るのは学生の保護者などで、本人は借りる事が出来ません。

 

学生本人がお金借りる場合は、カードローンと呼ばれる商品を利用することが出来ます。これは契約時に融資限度額を決め、その範囲内であればATMでカードを使用して、お金借りることが何度でも出来るというものです。

 

しかし、お金借りるには安定した収入が求められるので、学生は不可としている銀行もあります。

 

それでも学生がお金借りる事のできる銀行は存在します。条件は20歳以上で、安定した収入がある(アルバイトでもOK)などですが、それらを満たせばお金借りる事ができます。

 

もちろんお金借りる金額は高く設定できず、10万円以下となる事が多いですが、合コンや飲み会などの用途であれば十分ですね。

保証人は必要でしょうか?

銀行でお金借りるといってもさまざまなローン商品が提供されており、保証人がいらないケースもあります。

 

それぞれの特徴がありますが、おおまかに分けると目的が限定された借入れと、目的が限定されていない借入れがあります。

 

目的が限定されているものでお金借りるローンとしては、住宅ローンやマイカーローン、教育ローンなどがよく知られており、保証人が必要になるケースがあります。

 

一方で目的が限定されていないものでお金借りるローンとしては、フリーローンやカードローンがあります。

 

この場合には保証人不要のものと保証人が必要なものがありますが、利便性の高いカードローンは無担保・無保証人でお金借りることが出来ます。

 

一方で銀行によって、提供されるローン商品の内容は変わってくるため、実際には商品の内容をよく確認する必要があります。

 

また、保証人を用意できない場合は保証会社を利用すればお金借りることが可能なケースもありますが、これも銀行によって対応しているかどうかが変わってきます。

 

誰かにお金を借りる事でトラブルを招いてしまう事もありますが、消費者金融を利用すれば誰にも迷惑をかける事がなく、即日融資にも対応しているので、とても便利にお金借りる事ができます。お金借りる即日などは、特に参考になると思います。

 

急な出費でも返済のことを考え、お金借りるのは計画的にしましょう。